”道を作る、道を歩く”   

自分の歩む道は果たしてこれでよいのだろうか・・・

もう何年も自分が歩むべき”道”に迷っている。

迷いながらも確認しながら一歩一歩やっと踏み出している。

若い頃(今より)は決して迷うことなく私は行動してきたほうだった。

行動して学んだことの方が多く、今は本を読み漁り自分が歩んできた道が間違っていたのか、もっと違う道があるのか模索している毎日。

週三日は浅草橋で仕事をする。ここでは大先輩方と接するため、かなり人生の勉強になる。また、ここで先輩方が選んだ本を貸していただけ通勤時間を読書にあてられる。

他の曜日は自分の会社での充実した時間を過ごす。依頼されていたことを熟したり、会社を今後どう展開させていくべきかを考える。

仕事の合間に、否、仕事で出逢う人たちから刺激を受けたりと、人としてどうあるべきか、どう仕事をしていくべきか、学んでは自分の道に置き換えてみている。

自分のことを客観的に見ることが今まではあまり無かったと思う。今、自分がしていることを客観的に見て、反省すべきところを沢山発見する。

と・・・自己嫌悪にも陥るけど・・・そんな時は自然の中に身を置きながら冷静になれる自分が居る。


中国との貿易で、自分の力なんて無力に近いことを知る。こちらがこうして欲しいと思っていても思いが伝わらない。中国と仕事をするとはこんなものだと分かっていても心労が絶えない日々。

子育ても同じ。こうして欲しい、こうなって欲しいは、こちらの勝手な言い分。我が子を信じ、私が歩く道をどうどうと歩く姿を見せていけばいい。

自分の行きたい道を探せたら、自分で作って歩いていくしかない。

自分で探して自分で作った道は胸張ってどうどうと歩けばいい。

与えられた”今”というときを大切に生き、今後歩む道はもっと太く強くしたい☆
d0078563_12525848.jpg


真直ぐじゃなくクネクネ曲がったほうが人間らしい。
[PR]

by charu-natsu | 2009-10-12 12:53 | 日々是好日

<< ”もの作り自然との関わり☆” ”明日は展示会~☆” >>