”大阪☆BOROさん☆”   

BOROさんの30周年記念コンサートがメインです!!

BOROさんのことを何から話したらいいか、この30周年は私が歩んできた30周年ともいえるのです。私を古くから知ってくれてる家族や友人はよく分かってるでしょうね。笑。

曽根の豊中市民会館大ホールが今回のコンサート会場☆三国駅と同じ阪急宝塚線沿線にその駅はありました!駅に降りると、それらしい方々が歩いている方向へ、100円傘を差しながら行きました。

会場へ入り、まん前の席へ♪途中、奥様の優子さんにお会いしご挨拶を!
今回も最前列のど真ん中の席をくださり感謝感謝でした♪

この舞台、どのくらい振りでしょう・・・嘗て私は、友人と二人、大阪に神戸、京都に名古屋とBOROさんを追っかけてライブやコンサートを観に行ってたんです。目の前にいる眩いBOROさんを直視できず、目が合うのもドキドキして、前列に頑張っていってたように思います。

懐かしい想いも込み上げ、ましてや娘と一緒に大阪までBOROさんの生歌を聴きに行くことになるなんて考えてもいなかった。夢のようです。

始まりとともにBOROさんはまずお一人で出てきました!
”♪今日は空から音符が降~るよ~♪”・・・自分に出来ること。皆さんは空から何を降らせたいですか・・・
BOROさんは人々の心に音符を振らせたいと!・・・私は笑顔~

二曲目、”やさしく愛して”・・・私がカラオケで歌う定番!かつて沢田研二さんのために書上げた曲♪やさしいバラード☆

三曲目、”大阪で生まれた女”・・・BOROさん自身もこの曲とともに30年の思い出が!私も同じ☆
この曲は前奏を聴いただけで全ての想いが込み上げて涙が出てきます。

そしてそして、今回のアルバム”不老不死な物語”から、天野ショーさん、シーナきのはらさん、五十川清さんが登場☆
”風のアルペジオ””ネグレスコホテル”もショーさん、シーナさん、五十川さんのアレンジで新しい楽曲になる♪

BOROさんは言う”幸せ探しをしよう”って☆

昔、私が渋谷のライブインで初めて楽屋にお邪魔したときにBOROさんはこう言っっていた。

”消極的な人生に決して幸せは訪れない”と!

今回のアルバムは内容がとても濃くてどれも好きだけど、”ニニロッソを聴きながら”が好き☆

このアルバムは世界のどこかの酒場でも合唱できるような、そんなスケールの大きさも感じる♪(
酒場でごめんなさいmmでも何処かのヨーロッパの陽気なおじさんたちが肩を組んで大きな口あけてお酒片手に揺られながら唄ってる光景が想像できるんです!笑d0078563_11511715.jpg

皆が口ずさみ、皆が幸せになれる、BOROさんの歌、歌声、BOROさん自身には愛があります!

最後にアンコールがあって、みやこ蝶々さんの話になり、「親子泥棒」というお芝居の話になる!私は友人と名古屋の名鉄ホールに観に行ったのでした!ホントは大阪の中座で観たかったけど日にちが合わなかったんだと記憶しています。蝶々さんと親子の役で、親子で泥棒~笑。
その後、蝶々さんは死刑囚の母の役をやりたいと仰っていたそうです。勿論、死刑囚役はBOROさん。笑。
そのお芝居は実現せず蝶々さんはお亡くなりになりましたが、そのときに作った曲”最後のメロディー”は私も大好きな一曲です!

会場にはBOROさんの小学校時代の6年4組のご友人達や豊中市長、伊丹市長、ロシア総領事、海原まりさん、恩師、娘さん、お孫さん他、BOROさんの縁ある方々が大勢来て、会場が満員でした!

終わってしまった~(感動)良かった~(感動)そう思っていると・・・

「千春さん!」♪

え?え~郁子さん?って☆
想いは頂点に達し泣いてしまいました~(嬉しい~!!!)

郁ちゃんは、BOROさんのファンの方でBOROさんのサイトでしかお話したことはないのですが、逢いたくて逢いたくてならなかったのと、30年来の友人のような、昔から知ってる友達のような感覚で郁ちゃんも、そう感じてくれてて抱き合って泣いてしまいました!!

(帰りの新幹線内でも東京に着くまでメールしてくれてましたmm☆)

帰り際、BOROさん、優子さん、びわっち先生にご挨拶し曽根駅へ。

ん~帰り、来た様に戻れず、曽根から梅田へ、そして新大阪へ。

梅田に行く予定はなかったんですが、地下街など強烈に懐かしく大阪っぽくて、あ~また来なきゃという想いです!ちょっと迷いながら新大阪へ戻り、新幹線時間まで喫茶店で時間つぶし大阪を後にしました。

なっちゃん!aikoさんをだしにしてしまったようだけど大阪まで一緒に来てくれてありがとうmm☆
なんか刺激になったかな~ママはまた歌からいろんな事を感じ取って明日からまた頑張ろうって思ったし、逢いたい人に逢え、また逢いたいから大阪に行きたいと思った!

・・・私は中学二年のときにBOROさんの歌に出会って生きる道しるべとなってきたのです。
人生の道に迷ったとき、恋愛したとき、嬉しいとき、常にBOROさんの歌があった!
ほとんどは元気、勇気を、そして夢や希望を貰ってた!

その声に癒され眠りについた日もありました。

ありがとう!BOROさん♪優子さん♪そして大阪の街~☆

おしまい☆d0078563_11512497.jpg
[PR]

by charu-natsu | 2009-11-03 20:12 | 音楽

<< ”フェスティバルバルーンin旧... ”大阪☆パート1” >>