”田七液の休止お知らせ”   

大好評の田七液ですが、原料が今は10倍にも膨れ上がり、今後の状況を見ながら継続するかしないかを検討していかなければなりません・・・

待ってくださってる人が沢山いるのに販売できないのは辛いですね。

ない頭をひねり、どうやって継続していこうかを考えています!

2007年頃にプーアール茶がこのような状況になったと聞きました。

投機ブームもいつまで続くのか・・・

確かに原料不足で企業が買占めに走ってることもあり

また、中国国内需要も多くなってきたのも原因。

・・・私の起業のきっかけとなった田七人参ですが、時代の流れで出来なくなっていくのも仕方ないのかもしれません。

諦めることや方向転換も逃げではなく必要なことかもしれません。

ただ、やれるだけやってみますのでmm

今は田七人参自体が少ないですし、キロ当たり原料だけでも一万円しますから、そこへ加工賃、輸送費、検査費用が入るので・・・少し利益を乗せても・・・一万円以上は当然してしまいます。

それを一万円以下で販売できている健康食品屋がありますが・・・純粋に100%田七ではないように思えます。

健康食品はよいものもありますし、お金儲けだけのよくない会社もあります。

田七も本当は3年で収穫するところを6年根とか7年根という売り方をしている会社があります。

売り方に文句は言えませんが嘘が多い業界かなと感じています。

田七人参という生薬のいわゆる健康食品を扱っていますが、私自身は健康食品という加工されたもの、化学物は好きではありません。
田七液は、サポニンだけ抽出したものではなく、他の田七の有効成分が詰まった液ですし、花蕾のお茶は純粋に加工はしていません。

本来は、【一物全体】主義です!

生薬も煎じて飲んだり、薬膳として使う、昔ながらの健康法を残していきたいと思っています。

健康食品も本来の意義は「人々の健康に貢献」することだと思うのに、儲けという言葉に踊らされてる人がいるのは悲しい事実。

これからの時代は益々、自身の五感を頼りに見る目を持たなければならないと感じてます。
[PR]

by charu-natsu | 2010-06-02 06:19 | 仕事

<< ”古いものが好き☆” ”6月ですね♪” >>