”マンダリン・オレンジとブラック・マンダリン・ワイン♪☆”   

よくブラックマンダリンワインの販売の際に、「マンダリンはオレンジですが黒いのは何故ですか」とか「マンダリンというと柑橘系の味なんですか」と聞かれることがあります。

マンダリン=オレンジが定着されていますね。

マンダリンというネーミングをつけた際には、私の中ではマンダリン=中国語(北京語)、だから中国という意味でつけたのですが。

チンピという生薬の産地を知りたく辿っていくと、マンダリンオレンジの名前の由来は、ブラックマンダリンワインに近いことを発見しました!

以前、マンダリンという言葉の意味を調べたとき、清朝の頃の高級官吏(官僚)が話す北京語のことで欧米人たちがそう言っていたとのこと。ですから今でもシンガポールなどへ行くと、マンダリンで話そうとか、中国語をマンダリンと言っています。

そのときに上級官吏、下級官吏で身に纏う服の色が決まっていたとのこと。上級官吏の服がオレンジだったと知り、私は、そのときすでにマンダリンオレンジの由来がここにあるのではないかと思っていました。

チンピはウンシュウミカンの皮から作られる→ウンシュウミカンの由来は中国・浙江省の温州市から来ている
→ウンシュウミカンの元がマンダリンで、マンダリンはインド発祥で、変化しながら世界各地へ名前を変えながら伝来。
そのマンダリンの名前の由来が、清朝中国の官吏の服の色から来ていると分かりました~☆

やはりそうでした♪

チンピはマンダリンオレンジや温州蜜柑の皮から作られます。

ミヤ子先生!クコに続き、ナツメやチンピ調べていますmm☆

真由美さん!hiromiさん!yosimiさん!
マンダリンの果皮を圧縮してマンダリン・オイルという精油が採られるんですね!
通常のオレンジやグレープフルーツより刺激の少ない香気が子供に好かれやすいとして重宝されていると記載されているものを発見し、繋がっているな~と嬉しくなりました☆
[PR]

by charu-natsu | 2010-11-04 09:08 | 仕事

<< ”今日は富山に向かいます!” ”~月と星とわたし~☆” >>