”中国・食品の続き”   

いろんな方にお世話になりながら自分の仕事を模索しながら日々、前に向かって挑戦しています。

中国の現状、信用のなさは尖閣諸島の件でも大きく落としてしまったと思います。私も一人の人間で中国に対し嫌だと感じることは常々あります。私の場合は特に仕事も家庭も中国と関わっているのだから。

息子は日本に来て自国の真実を知り不信を抱いているのも目の当たりに見ております。

毛沢東思想を植えつけられた相方も日々見ております。

ここが嫌いと言ってしまうのは簡単。調子の悪いときは、会話も成り立たず平行線を辿るときもありますが、お互い後に反省をし、分かろうと努力はするようになります。
これは、日々や年数の積み重ねだと思っています。

相方の父母、親戚、友人を見て思うことは、特段、日本人と変わらない。品もあり物腰穏やかで人の良い方々です。それを見ているので、私は中国に対しあまり偏見がありません。

少数派であっても、それを伝えることが私の役割のような気がします。

私の歩むべく道は、”中国が”とか”日本が”を超えて良いものは互いに良いと分かり合える人が増えていくことが理想です。

拙い力ではありますが、志は大きく、悪は悪、正義は正義と語れる人間になりたい。

何処の国でもマナーの悪い人間は居るものです。

あくどい人も居るものです。

食品に対しては信用がた落ちなのも現実として受け止めています。

海外に出て自国を不信になった若い世代が自国を修復し、信用を勝ち取って欲しいと息子に託します。

これを書いていると昨日の方からお電話が入りました。

昨日は言い過ぎてしまいましたと♪

いえいえ、私もここに書き過ぎてしまいましたmm^^良かった~

厳しいお言葉も時には必要ですね!

自分を見つめなおす機会になります。

ありがとうございますmm☆

こちらの会社様とは、きっと富山の物産でお取引できるよう頑張ります!!
[PR]

by charu-natsu | 2010-11-18 09:40 | 仕事

<< ”☆ナツメ☆販売始めます~♪” ”中国の食品” >>