平和   

友人から、JFRF(宗教の自由のための日本協会)が主催する懇談会に誘われた。私自身は、宗教を持っているため断ったのですが、彼女はそれを受け入れ感謝してきた。私の宗教を尊重し、池田先生の平和大使としての行動も素晴らしいと。
彼女は、宗教者同士の垣根を越えて、平和を祈り、戦争のない社会を作ろうと呼びかけている。私に、そうするには、どうしたらいいかと意見を求めてきた。私が伝えた内容は、私自身は、他の宗教を批判しないし、クリスチャンの友人も居れば様々だと。宗教はなくてはいけないと思うし、その対象は様々であっても、そこに通じる気持ちは一つであるような気がする。また、信じるという気持ちが大事なのではないかと。何でもそうですが、先頭を歩く師匠なる人が道を誤ってしまうと怖いですが・・・でも、分かる人って、人を見て判断できていると思うのです。
「人間革命」って言葉が好き。平和に対する思いも、人を受け入れる寛容さも、自分が強くなるしかないんだと!それが日々の修行であり。
宗教の怖いのは、他の宗教を否定するところからで、信じる気持ちは大切ですがのめり込みすぎ、それしか見えなくなると否定が出てくるような気がします。少なくとも学会員は、池田先生の行動を見ていますし、それに続けという想いです。それが出来る出来ないは、勇気だったり、どこか抵抗があったり。その勇気のなさなり、抵抗する気持ちを変えていく・・・個々、自分の中の弱い生命と闘って・・・変われたときは、争うことが消えていく。
皆、自分と闘わないから人に操られたり、楽なほうへ行こう行こうとするような。私もそうだもん。まだまだ修行足らず。成長過程、発展途上ですから☆良き「魂友」へ!
そう伝えました。
「平和」は誰もが持っている想いだと!!
[PR]

by charu-natsu | 2006-09-02 13:17 | 日々是好日

<< ゲド戦記 薬膳 >>