月あかりの下で   

大好きなBOROさんの詩画集のタイトルです。
なつきの名前の由来で「月」にこだわった私です。
「月あかりは、太陽のあかりの下だと見えないものが見えてくる。星が見える・・・宇宙が見える・・・ギターリストのつまびく指のうごきは見えないけどメロディーが見える・・・
子供たちは、そのあかりの下で楽しい夢を見る・・・男と女は、未来をみつめ、地球を静まらせ明日を見つめる時をくれる、そして明日が見える・・・夜汽車の窓に、自分の顔が見える・・・そのむこうにあの娘の横顔が見える・・・悩んで無口になっていた友人が、そのあかりの下、語り出し、希望が見え始める・・・。」
今後も、なつきの周囲に集ってきてくれる人たちに、月あかりのような優しい灯りをともしてあげられるようにと思いました。
月あかりの下であなたは何が見えますか?
d0078563_045392.jpg
[PR]

by charu-natsu | 2007-02-18 00:42 | 音楽

<< ツキを呼ぶ魔法の言葉 人間性 >>