日本人としての「道」   

本屋に立ち寄ると「江戸しぐさ」が新しく出ていたので購入しました。
最近では、社員教育や学校の授業にも取り入れられてきているようです。
基本ですが大切な事が書かれています。

また、「職場の教養」という冊子の中で見つけた戒めという欄から抜粋します。

{日本人は昔から、何事にも「道」を求め「道」を重視してきた民族。茶道や華道、武道の柔道や剣道、そして経営道。
古の人は道を求めることにより、技量の向上と人間性を高め、品格の陶冶に務めてきた。
近年、これらの考えが薄れ、世間を騒がせ、周囲から顰蹙を買う行為の数々も見られる。
こういった行為は、「道」を忘れたことから生じている。
「道」はさらに、「徳」と「美」に繋がるもの。
己自身を卑しめることなく、自分を、よりよき人間へと高めることもしりたいもの。}

とありました。

この言葉通りだと思いましたのでブログに残そうと思いました。
d0078563_9104397.jpg

[PR]

by charu-natsu | 2007-11-28 09:10 | 日々是好日

<< 豊かさゆえの代償 懐古趣味 >>