”黒杜酒への想い~☆”   

黒杜酒の詳細を料飲専門家団体連合会の会報誌で紹介していただけ、ホームページのトップで誰もが読んでいただけるように添付もしています☆

ブログタイトルも「老酒」がつきますが・・・中国ではもともと漢方薬を黄酒(褐色の中国のお酒)で飲んでいたといいます。活血作用があるので薬の成分が身体の隅々まで運ばれ効果を発揮するのではないかと考えられます。・・・私は中国の漢方に出会い、自分でも漢方で身体を改善できた体験もあり、今の仕事を始めています♪なので健康=老酒でもあり、生薬もお酒も扱っているのです!
そしてブログタイトルは老酒Bar=心身ともの健康をご提供するお店(ブログ)なのです☆

紹興酒が黄酒に代表されるお酒ですが、隠れた銘酒はこのようにあるものです!

黒杜酒と紹興酒、何が違うかといえば・・・
①原材料
②発酵
③色
の3っつ。
まず、原材料は黒杜酒は一部に紫もち米を使用しているので、このお陰で造血作用(補血作用)があります。
発酵は、紹興酒は完全発酵するのですが、黒杜酒は半発酵!そのため甘めの仕上がりになっていますが、これは自然の甘み♪アミノ酸も豊富で栄養価が高いため、中国のこの地域では、贈答用として使われることが多いようです。
そして色付け!紹興酒はカラメル色素です。黒杜酒は炭化させた米で色をつけます。自然のものです。
炭と同じ効果で身体の毒素を吸着し体外に排出させると聞いています。

伝説が残り、身体によいお酒☆
味は申し分ない熟成された味☆

多くのかたに飲んでいただきたいです。
量を飲むのではなく、ゆっくり談笑しながらチビチビと☆
[PR]

by charu-natsu | 2009-04-28 07:03 | 仕事

<< ”黒杜酒のこだわり☆” ”またまた杏仁豆腐の話~☆” >>