”路遥知馬力 日久見人心”   

”馬には乗ってみよ 人には添うてみよ”

長距離を走らせれば馬の力が判り、長く一緒にいれば人間の心が判る  との意味だと調べたら分かりました。

何でもそうですが、深く交わらなければ、物事やその人のことは分からないものだと思います。

この言葉は、10数年前にシンガポール大使館にて、お名刺を交換した方から届いたメールで教えていただきました。

そしてもう一つ、【ジョハリの窓】を!

自分の評価というものは決して一つではないと知ることです。

1、開かれた窓・・・自分にも他人にも分かる窓。
2、隠された窓・・・自分には分かっているけれど、外部にいる他人には伺い知れない心の部分。
3、盲目の窓・・・自覚はしていないが他人からは見られている心の部分。
4、暗い窓・・・自分にも他人にも分からない。無意識な心の部分。

そしてこの中の「開放(開かれた窓)」の領域を広げること、自己開示、忠告への傾聴を促す理論。
提唱者の心理学者、ジョセフとハリーの名前から命名されたそうです。

ブログを褒めていただきました。

「ジョハリの開放の窓を開け放ち、涼風に吹かれている爽やかなイメージだと」

Kさま、ありがとうございますmm☆勉強させていただいてますmm☆
d0078563_9262642.jpg

[PR]

by charu-natsu | 2009-06-25 09:26 | 仕事

<< ”担雪埋井(たんせつまいせい)” 理念~☆ >>