<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

薬膳   

先週、好朋友の張さんと、銀座シンフーの銀座一丁目店オープニングパーティーにご招待いただき行ってきました。もともと、六丁目店があり、今回は新店舗開店です!
謝 先生はとても温厚な方。お店のご主人で、テレビや雑誌でもご活躍されていらっしゃいます。お仕事上の繋がりもありますが漢方の先生です。張さんも、上海では産婦人科の医師をしており、また上海中医学大学卒なので、漢方に関しての知識は頼りになるところです。
「薬膳」・・・私も目指すところです。と言っても庶民派薬膳ですが。お二人の先生が身近にいらっしゃる私は、何て幸せなんだろうと思う今日この頃です。
[PR]

by charu-natsu | 2006-08-28 17:18 | 食・健康

夏休み   

沖縄へ行ってきました。
聞いていたように海はエメラルドグリーンで、砂浜は白く、大空を近くに感じ、穏やかな時間を過ごしてきました。
移動中の町並みは・・・昭和の時代から工事もせず、空いたままになっているかのような建物が並び、綺麗とは言えなかったけど、どこか懐かしさを感じました。
やしの木、古い町並み、懐かしさ・・・ん、ここはマレーシアに似ている・・・(^^;)そう感じたのは私だけかな。。。マレーシアのカンポン(村)だ~♪と叫んでしまいました。
食事もかなり中国(アジア)の影響を受けている。私のお気に入りは、ゴーヤジュースと島ラッキョウでしたけど♪
また、行きたいな!沖縄へ☆
[PR]

by charu-natsu | 2006-08-24 11:00 | アジア

テレサ・テン   

歌姫・・・私の中の歌姫は「鄧麗君」。歌の好きな私は、彼女の歌声に癒され、時には同化し唄い込んでる。アジアクラブで働いていた頃、シンガポールで彼女の中国語の歌を聴いた。「月亮代表我的心」という曲。彼女の背景に、国交断絶という悲しみがある。台湾出身の彼女は、両親の祖国で唄うのが夢だった。その夢は叶わなかったけど・・・中国政府はテレサの歌を拒絶していたけど、民衆たちはテレサの唄に癒されていた。アジアでは大スターだった。
テレサの歌は、中国・台湾・日本をまとめアジア平和を実現していける。
[PR]

by charu-natsu | 2006-08-16 10:22 | 音楽

異端児   

友人からのメッセージ
「友達であり、同士であり、業界を改革してゆくある種{異端児}であり、仲間なんだ」
素敵な友人が居ることの幸せは・・・そう、一人でも自分の理解者が居ることは生きることへのエネルギー。
一人が二人、二人が三人・・・何でもそうですが、一人の力はバカに出来ません。
異端児という言葉、潔く媚びず我が道を歩く!
そして、有難き友の声はまだ!
道があるところを歩くのではなく、道の無いところを歩くのは困難ではあるけれど、我が道を歩いた後には、後に道が出来ているんだと・・・」同じ人生の道なのです。
ありがとう!感謝です。
[PR]

by charu-natsu | 2006-08-02 16:53 | 日々是好日

心の栄養パート2   

大好きなBOROさんの音楽を聴くととてもポジティブになれる。
そう、音楽は世界平和に通じる魔法なのだ!悲しみを癒し、喜びを倍増し!!
老酒バー「魔都・上海」に流れるメロディーは二胡の音色だったり、アジアの音楽家たち。
そしてBOROなんだ!
原点に返る曲は「大阪で生まれた女」・・・BOROと出会った曲だから☆イントロ、メロディー、声・・・このバーにピッタリです(^^)
アジアの歌姫や影響を受けたスターも後に紹介したいですね!
[PR]

by charu-natsu | 2006-08-02 15:37 | 日々是好日

心の栄養   

古本屋さんの匂いが好き。本屋さんの新書の紙の匂いも好きだけど、古本屋さんの匂いは過ぎた日々を懐かしく回想できてタイムスリップしたみたいになってしまう。
本には心の栄養が沢山詰まっているし、人生の全てを学ぶことが出来る。
事の善悪を見分けるためにも、人間の抱く悲しみや苦しみの分かる人になるためにも、夢や希望を失わないためにも、人間らしく生きるためにも。生きるためのヒントを発見する楽しみがあるな~
心にたくさんの栄養という宝があったら・・・争うことはなくなるはずなのに・・・。
古本に囲まれていると幸せだなと想える瞬間があるんですよ!
[PR]

by charu-natsu | 2006-08-01 10:34 | 日々是好日